環境を考える取り組み

どこかで不要になったものを、
アイディアと感性で”面白い”に変えよう!!

そんなふうに考えるようになったのは、
身近な自分たちの街で起こっている問題がきっかけでした。

渦のある西尾市一色町では、
日本最大級の産業廃棄物最終処分場の建設計画があります。
三河湾への環境悪化が懸念され、
私たちはそんな問題に直面し、
地域の環境保護の活動に参加しています。(Amor a Mikawawan



「モノを大切にし、無駄に消費しない、簡単に捨てない」

これが、まずは環境問題への第一歩と考えました。

小さな取り組みから、やってみること。
まず、できることから。
だから、渦はこんな取り組みをしています↓

そもそも店舗が再利用

お店は、10年以上空き家で壊そうかどうか検討されていたばあちゃんの築70年を以上の古民家です。
壊されれば、産業廃棄物、、、
しかし、生かせば渦-uzu-の立派な店舗です。
リフォームは廃材をたくさん使用し、ご近所の不用品の家具などもディスプレイとして使っています。

:染め終わったら畑へ
草木染めで使い終わった染料は、
ゴミとして捨てて処理するのではなく、畑へ埋めて堆肥にします。
これが、植物染料のいいところです。
循環できるものかどうか、
できる限り
考慮しています。


:地元の農産物をチェック

玉ねぎ、ニンジン、お茶など地元の農産物で染色しています。
農家の方を訪ね、使われることのない皮や葉っぱなどを頂きます。
農産物の不要品で染色し、有効利用できないかを日々模索しています。

:捨てられる生地を救出
廃業された機屋さんの倉庫が壊されたとき、
産業廃棄物として捨てられる予定だった生地を
なんとか使えないかと引き取りました。
有効利用を考え、商品化をしました。

:製作物からでるハギレ

製作から不要なハギレの生地がでます。
小物作りのワークショップに使ったり、
パッチワーク用の詰め合わせパックとして販売したり、
ゴミの減量化をしています。

 

社会で不要になるものを、利用できないか。
アイディアによって、ゴミにしない。
身近に大きな問題があるからこそ、
環境への負荷をできる限り軽減することを日々模索しています。


PAGE TOP