HISTORY

渦は、夫婦2人で始めた小さなお店です。

偶然のタイミングが重なってはじまりました。
家族、仲間たちと共に、
これまでに至る成り立ちをご紹介いたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2015年  – 趣味の手作りをスタート –
実は、公立中学校で理科の教員として働いていた妻OREO(オレオ/当時26歳)。
第一子(だるま店長)を授かり育児休暇中でした。

そんな空き時間で、着古した服を切り合わせて
パッチワークし、”もったいない”を小物に変えていました。

すると、そのデザインが好評で、
友人から直接、製作を頼んでもらえるようになります。
これが、モノづくりをスタートするきっかけです。

元々、
イラストを描いたり、何かを生み出したり、作り出すことは大好きでした。
(現在も、お店のロゴやフライヤー、その他デザインは、OREOが担当しています。)
OREOイラストはこんな感じです。↓

 

2016年1月 – 空家だったばあちゃん家、築70年の古民家を改装する-
「ばあちゃんが亡くなって10年以上、その空き家がもったいない、、、
第一子を授かったばかりで、広い平屋がいいし、ここに移住しよう♪」

と、単純な発想から、
夫 ATCH(あっち)の故郷である
愛知県西尾市一色町へ引っ越すことになります。

妻OREOは、”DIYで好きな空間を作ってみたい” という考えがあったので大賛成。

何より、夫ATCHとっては、幼少期に住んでいた愛着のある家でもありました。(同一場所にて撮影↓)

しかし、改装をする時期は、
体調を崩し会社を退職するという大変な状態だった夫ATCH、、、
闘病をしながらも、子どもを抱きかかえながら、自ら改装をはじめます。

この時はまだ、作品ギャラリーを
「住居の中に一室だけ作ろう」と考えていただけでした。

 

-師匠との出会い-
趣味だった妻OREOのモノ作り。
夢中になっていくにつれ、使いたい生地が増えていきました。

いろんな生地を探していく中で、
なんとも言えない色味の美しい個性溢れる生地に衝撃を受けます。

同じ市内で、
天然染料を使って手染めをし、洋服を作っている
ANAM CARA 江本眞弓さん との出会いでした。

『こんな風に自分でも作れたら?!』
と思った次の瞬間、
『弟子にしてください!』
という言葉が口から飛び出し、染色も始めることに。

理科教師だったOREOは、
天然染料による染色が「化学反応」を使った理科の分野でありながら、
反対に「自由な表現方法」も併せ持っていることで、どハマりしたのでした。

 

-最初は、イベントやマルシェで手売りする日々-
生地を買い、染色し、縫製する。
やり出したら止まらない夫婦は、
週末にイベントへ出かけては、手売りをする生活がはじまります。

夫ATCHは、
サウンドデザイナー、そして営業という職歴だったことから、”演出すること”が得意でした。
そこで、妻の作品をプロデュースすることに。
自作のホームページを作ったり、商品展開、売り方、見せ方など試行錯誤しました。
すると、少しずつですが、お客様に自分たちの作品が伝わるようになり、
購入していただける機会が増えていきました。

この頃に、渦-uzu-という名前を決め、
「妻OREOが作品作り、夫ATCHが運営」 という形が出来上がり、
さらに、製作と販売に拍車がかかり、没頭していきました。

隙間を見つけては、
空き家だったばあちゃんちのDIYも続け、
当初は住居にするつもりだったはずが、
いつの間にか全てをお店として使うことに。

様々なお客様と出会う中、
“自分たちの作ったモノで、喜んでもらいたい”
という想いが大きくなり、開業を決意します。
同時に、妻OREOも教師を退職しました。

-開業後、突如カナダ出店ツアーへ-

開業して間もなく、店舗オープンの準備も放ったらかして、
カナダ出店ツアーへ1ヶ月間も出かけてしまいます。


作務衣を作って持っていったりと、
現在もこの海外の体験がモノづくりに大きく影響しています。

生後半年のだるま店長も同行。
ジャパンフェスティバルなど、5つのイベントに出店しました。

こういった思いっきりのいい行動も、
渦-uzu-のスタイルです♪


2016年 10月  - 渦uzu 開店 –

手売りを繰り返すこと約1年、
ついに渦の店舗がオープンしました。

小さな田舎町、鉄道も廃線となった、西尾市一色町。
さらに、立地は奥まった場所にも関わらず、
近隣、遠方から300人ものお客様がご来店!!
新たな門出を迎えることができました。

2017年には、ひっそりとオンラインショップもスタートしました。
全くの素人でしたが、写真を撮り、商品をアップしていました。
(オンラインショップ商品はこちら)


-地元三河産コットン生地との出会い-

お店の運営をしていく中、
必要な生地も増え、仕入れ先を探し回るようになります。

近隣にある機屋さんを見つけては、
飛び込みで訪問し、生地を触らせてもらいました。

そして、機屋さんのご主人と顔を合わせ、お話を聞き、
地元の綿素材の質のよさに惹かれていきました。

(写真 三河木綿織元 水山織布さん)

かつては綿織物の一大産地であった三河地方。
海外生地の流入、そしてバブル崩壊と共に、機屋さんが激減したという背景を、
生産の現場で教えてもらいました。

“良質なコットン生地の歴史と、生産者の想いを知り、
作品にきちんと反映させよう!!”
そして、

“生まれ育った三河の魅力を発信していこう”と決意!!

素材やデザインも徐々に変えていき、
以降、できる限り地域色を大切に製作するようにしています。

(中日新聞に掲載されました。その他、メディア掲載一覧はこちら)

それとともに、地元農産物を使った染色もスタート。
実は、親戚が農家さん♪
玉ねぎ人参など、
収穫での不要な葉っぱや皮などを使い、
実験を繰り返しては、草木染めアイテムの商品化をしました。
(西尾市は、抹茶の産地。
組合長さんにお願いして、耕作放棄されたお茶畑の茶葉も使って染めてます♪)

“どこかで不要になったものを、
アイディアと感性で”面白い”に変えよう!!”
そんなテーマを明確にして、環境への負荷を軽減するために、
小さなことから取り組むようになりました。


-渦クリエーターとの出会い-

渦が染色した生地を使って、
気の合う作家さんとコラボするようになります。
渦クリエーターのみなさんとのコラボで、
様々な感性やデザインの作品が販売されるようになりました。

(渦クリエーター紹介はこちら)

2017年3月 -染め体験スタート-
「自分でも染めてみたい」
そんなお客様のお声がきっかけで、
染め体験をお試しで開催してみました。

すると、思いのほか好評でした♪

:製作の様子を知ってもらいたい。
:西尾市にたくさんの人に来てもらいたい。
そんな想いも加わって、染め体験を本格スタートさせます。

一色町産のうなぎを食べに来がてら、
体験をしてくださるお客様がたくさんいることが判明♪
地元の魅力にあやかりながら、
様々な体験コースを増やしていきました。
(染め体験はこちら


2017年6月  -TV取材で大忙しになる-

CBCテレビの番組にて、渡辺直美さん、アジアン馬場園さんにご来店いただきました。

収録に加えて、たくさんのお買い物をしていただき、その後大反響が!!
染め体験とオンラインショップ運営で、夫婦2人ではパンク状態に、、、

さらに、第二子(きりん副店長)を授かり、
妻OREOの産休も含め、運営のピンチに。

それを機に、夫ATCHの母(通称 渦ばあちゃん)が、
商品の縫製を担当するようなり、一家総出の運営となりました。

2018年 -初となる合同展示会へ参加-
合同展示会Mag.へ初出展しました。

UZU JAPAN STYLE シリーズ、
三河木綿刺し子織りのアイテムの展開がスタートしました。


-常にお店を自分たちで改善する-

お店を開店して以来、
自分たちでお店の空間をアップデートしています。

ギャラリーや、染め場、薪ストーブを導入するなど、
自分たちの好きな空間作りに終わりはありません♪

商品、空間、そして、ライフスタイルも含めて、
お客様に知っていただけるように心がけています。


-新しい表現に挑戦する-

伝統技術、新しい技術の両方を取り入れ、
自分たちらしい表現に挑戦しています。
色や柄、生地の質感の見極めと、組み合わせ、掛け合わせ。
独自のデザインを軸に、他にはないアイテムを製作しています。

柔軟に、そして大胆に。
コラボレーションもしながら、様々な作品を発信しています。

(動画 ellmer×uzuAhyumi×uzu

– 地域に貢献する –
地元小学校での講演、その他出張ワークショップなど、
モノづくり以外でも、できる限り未来の子どもたちのために、
渦-uzu-にきることで協力をしています。


-2018 環境について取り組む-

渦のすぐ近くに持ち上がっている、日本最大級の産業廃棄物最終処分場の建設計画。
三河湾の環境への危機から、環境を保護するための活動へ参加しています。(Amor a Mikawawan
身近なきっかけから、環境への負荷軽減のため、
渦として取り組めることを実践しています。
(環境についての取り組みはこちら

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

地元の良さをよく知り、発信する。
そして、住む街がより楽しくなる。
そんな渦ができることが目標です。

渦家族と、それを支えてくださる仲間達、
そして、お客様によってできる空間を大切にしています。
みなさまと温かいつながりができるようなお店にするため、
日々奮闘中です!!

ATCH & OREO


PAGE TOP