涼しいドット柄生地の話♪

渦で人気のこちらの
ゆるふわドットTシャツ

カラーバリエーションも増やしました。

風になびいて、空気をはらむような着心地は、夏におすすめの生地です。

“シンプルそうで、よく見るとドット柄があり可愛い。
普段は着ないドット柄も、これなら使いやすい。”
という声をいただいております。


カットジャガードと言われるこちの生地は、
柄を織り込み、その部分の織り糸をカットすることで模様の輪郭がふさふさと立体的になり、
フラットな生地に比べて表情のあるアイテムに仕上がります。

ポップな印象がある水玉模様ですが、藍染や柿渋染め、草木染めなどの風合いある色の中に模様が馴染んでいて、
大人の女性のさりげないおしゃれにぴったり。

———————————-
この生地は、実はこんなストーリーがあります。

最初は、近くの蒲郡で織られているもの使わせていただいていました。

しかし、現在は生産終了、、、
高齢の機屋さんから譲ってもらった生地ですが、
すでに廃業されているのでこれ以上入手ができないものとなっていました。

柄を織り込んだのち、縁をカットするという工程のこの生地は、
三河エリアでは、もう見つけられませんでした。

軽い素材なので涼やかな夏の装いを演出してくれます。

だから、
なかなか諦められず、、、

別の生地でお付き合いさせていただいている
地元の生地商社さんへダメ元で相談させていただきました。

すると、すると、

“近い素材を遠州で織られている”

とのこと

さすが、生地商社さんです!!
それからは、安定的に仕入れができるようになりました。

こういった、三河エリアを通したネットワークが
渦の製作を支えてくれています。

機屋さんや問屋さんから、
生地の特性をたくさん教えていただきながら、
日々勉強中です。


関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。