uzuのガーゼ、「このクシュっとした感じはどうして??」

春夏は、肌触りの良い
気持ちいいトップスを着たいですよね??

新作のおすすめ、
ガーゼトップスを各種各色で製作しましたのご紹介です♪

嬉しいことに、渦の使用している知多木綿ガーゼはお客様からご好評をいただいております。

「このクシュっとした感じはどうして??」

と、質問をいただくので、本日は詳しくご説明させていただきます♪

まずは、新作アイテム紹介から↓

ゆったりガーゼTシャツ  / レディース

身幅がゆったりで、渦定番の人気アイテム!!今年は、このボディで染め体験も承り中です♪

キーネックガーゼ Tシャツ /ユニセックス

ユニセックスで、渦のサルエルパンツと相性抜群です♪

【ゆったり ガーゼ ロンT 】

長袖もまだまだ活躍します。一本刺し子のパンツと合わせてみました♪

————————————————-
知多織物や知多木綿と呼ばれる、
愛知県知多エリアで織られているガーゼですが、
渦はこの生地の虜になってしまいました。


では、なぜこのガーゼ生地は、
クシュっとしていて柔らかいのか

 

1,ゆっくり織られているから!!
ドビー機と呼ばれる織機を巧みに調整し、
古い織機で織られています。
(現在バーミキュラのお鍋で有名な会社、愛知ドビーさんは、
名前の通り、このドビー機の部品をメインで製造していた会社です。)

ゆっくり織るから、糸のテンションを緩められる。
だから柔らかいんです。

さらに、この機屋さんは、
先代からガーゼをメインに生産しておられ、
長年の職人の技術と知識が詰め込まれ、
目のつまり具合、季節による湿度なども考えられて織られています。



2,「晒し」をしていない生地を直接仕入れできるから!
通常のガーゼ生地は、織られた後に、
晒(さらし)という工程があります。
アルカリ性の精錬剤などによって漂白され、
織りあがった生地に含まれている綿の油分や不純物が落とされ、
人工的にサラサラにされる工程です。

しかし、渦ではあえて、晒し加工を行っていない
織りたての生地を使用しています。
(地元だから、直接織元へ行き、晒し前の状態が仕入れ可能です。)

晒しをしていないから、その生地は綿の不純物がついた状態。

渦ではガーゼ生地を、2~3日かけ、お湯にゆっくりとつけて、
柔らかくしてから一つ一つ植物染料で手染めしていきます。
糸が縮み、そして、綿本来の持つ触り心地が生地に現れます。



だから、渦の使用するガーゼ生地のアイテムは、
クシュクシュっとした独特のシワ感が表現されます。

綿が持つ本来の柔らかい肌触りは、
見た目にも、立体感がでます。

(ちなみに、晒しを施すと元の生地は真っ白になり、まっすぐ生地となり立体感はなくなります。)

このクシュっと感が大好きなんです♪
それを生かしたパターンをおこして、デザインに取り入れる!!

染色、デザイン、縫製まで行う
渦だからできるガーゼアイテムです。

 

お子様向け、ご出産のお祝いに、
ベビー甚平もガーゼで製作しています。
こちらも可愛いので、きりん副店長のヘビロテアイテムです♪

リラックスできる着心地のよいガーゼトップスを
この春夏はご提供させていただきます。

 


関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。