「平成30年度 あいち中小企業応援ファンド助成金」に採択していただきました。三河木綿とダンスをくっつけてみる♪

渦オーナーのあっちです。

この度、平成30年度 あいち中小企業応援ファンドに採択していただきました。
公益財団法人あいち産業振興機構さまが運営する、
地元の地域資源を使った新事業展開への支援事業です。

昨年からいつも使わせていただいている「三河木綿」を、
若者層へのイメージアップするように、
新しい作品をデザイン、開発をさせていただくこととなりました。

株式会社オオタさん、水山織布さんから使わせていただいているこの刺し子織りの生地。
本当に良い生地で、自分たちの作品をステップアップさせてくれた生地です♪
(中日新聞に掲載もされました。)

柔道着や足袋などに使われてきた 、ちょっと和のイメージがするこの刺し子織。
この生地を、渦だからできるポイントで、新しいイメージが作れるように挑戦です!!

そもそも、この事業の企画を考えていた時に、
「自分たちの持っているものを最大限生かせないか??」
と考えました。

渦という衣料品を、「染める、作る、売る」という自分たちで立ち上げた仕事、
夫婦でストリートダンスを10年以上にわたり、かなり本気で打ち込んできたこと。

意外と自分たちの中で、
大きく分けられていたこの2つを
くっつけたいと考えました。

いろいろと企画を試行錯誤、

しかし、そのままストレートに

「三河木綿 × ストリートダンス」

という、アイディアで企画を提出させていただきました。

そして、なんとなんと採択していただき、
三河木綿をストリートファッションに融合したアイテムを、今後製作させていただく次第です。

世界レベルのかっこいいダンサーの仲間たちや、
とっても発想豊かなクリエーターさんたち、
これまで培ってきた人脈をフル活用して、協力してもらいながらこの企画をやっていこうと思います。


「全く別のことを色々やっていても、続けていると不思議と繋がってくる。」
と大先輩方から教えてもらっていたのですが、
今回はその機会をいただけたのかもしれません。

46件の応募から、審査を経て、24件が採択されたとのことで、
採択された方々を見てみると、
株式会社の名前がずらり。
個人の名前が載っていたのは、
渦.jp(青木淳)だけでした。

基本的には、
「自分たちで作って、自分たちで売る」というお店をしていますが、
この事業では、初めて合同展示会へも参加させてもらう予定です。

「身の引き締まる思い」とはこのことですね。

 

 


関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。