「Made in 西尾の靴下」の取り扱い始めました♪

Made in 西尾市  草木染め 5本指ソックス
の販売開始しました♪

当店のご近所、お隣西尾市吉良町の「石川メリヤスさん
にて編まれた靴下を渦スタッフ一同とても気に入り、
この度は渦にて草木染めをして販売させていただくことになりました。

「ローカル地域のストーリーを届ける」
をテーマにしていますが、まさにぴったりな商品です♪
———————————-
ちなみに「メリヤス」という言葉、
みなさん知ってましたか??
恥ずかしながら僕はこの業界の仕事を始めるまで知りませんでした、、、
漢字で書くと「莫大小」。
「ばく、だい、しょう」と書いて「メリヤス」読みますが、
最初は絶対読めないですよね、、、

googleで調べてみると、もともとは外来語だそうです。
編み機で編まれた“ニット生地”のことを、
昭和初期の時代は「メリヤス」と言っていて、
無理矢理あてがわれた漢字が「莫大小」らしいです。
——————————–
話はそれましたが、
石川メリヤスさん、創業はなんと昭和32年!!
地元では、歴史がある会社です。

まず最初の最初は、渦の得意な、
「突撃訪問してお話を聞いてみる、見させてもらう」
ところから始まりました。

渦から、車で5分ほどの工場へ到着すると、
女性社長の大宮さんは明るくお出迎えしてくださり、
どんな風に編まれているか、そして実物の靴下を触らせてくださいました。

お話を聞くと、
足にフィットするように、伸縮の強さを部分ごとに変えて編まれていたり、
糸の選定にも非常にこだわっていることを教えてもらいました♪

靴下ができる工程やそのこだわりなど、
「へ〜!!」と思うことばかり!!

ちなみに編まれているところがこちらです。たくさんの編み機が並んでいます。
あまり見ることのないところではないでしょうか?↓

 

このソックスは、指先のシルエットがかなり綺麗にでます。
指先にぴったりとフィット!!

素材は、
男女共に、コットンソックスをご用意しました。

女性用にはシルクソックスも!!

藍や茜、玉ねぎで染めています。
いずれもカラーが選べる2足セット、手ぬぐいに包んでのラッピングはとても好評いただいてます。

そして、男性用には「和紙の靴下」を染めています!!
「え、和紙??」
と思った方、僕も最初思いました(笑)。


和紙の糸は、これまで耐久性に問題があったとされていたようで、
近年の加工技術の向上と、難しい編み工程をクリアして
和紙の靴下が出来上がったそうです。

和紙の靴下を初めて触った時は、シャリ感のある印象というか、
サラッとした独特の肌触りでした。
そして、それこそが最大の特徴で、綿以上の速乾性を持つそうです。

ムレやべたつき感を軽減させるということで、
高温多湿な日本の夏にピッタリです!
長時間に渡って靴を履き続けるビジネスシーンにももってこいですね。

———————————-
ぜひ、西尾で編んで西尾で染めた靴下を履いてみてください。
渦スタッフ一同も愛用、おすすめしてます♪
近くにいい靴下があるって嬉しいですね。

ご購入はこちら

(オーナー/ATCH 筆)


関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。