2019 年、GWの連休に向けて、すくもの仕込みをはじめました♪

一昨年にできた乾いて軽くなっている すくもを、
北海道から今年は仕入れをしました♪

昨年は、もっと気温が上がって落ち着いた5月半ばから藍の発酵たてをしていましたが、
今年は少し早めにスタートです。

GWの連休に間に合うようにできたらと思いますが、
果たしてうまくいくでしょうか♪

薪ストーブで暖をとってできた灰を古いにかけて
サラサラにしていきます。
(粉塵がすごいので、マスクは必須です♪)

そして、グツグツと沸かした水を
灰に混ぜて灰汁作り。

今回は、約200Lを仕込みたいので、
半俵より少なめを仕込みます。
乾燥が進んだ すくも なので実質20Kg弱です。

画像のように、とにかくこねて塊をペースト状にしていきます。

一旦、灰汁を温めて、ふやかしておきます。
その後、こねるのですが、
これがまた大変で、手でこねてもこねても
なかなか大粒のままです。

そこで、家にあった長靴をよく洗い、
バケツの中へ!!!


夜な夜なバケツの中で足踏みをすること30分。
体重をかけながら、踏んで踏んで、やっとのことペースト状になりました。

意外とこのやり方は、調子が良いことがわかりました。

この後は、25度くらいに温度を保って発酵を待つのですが、
まだまだ夜が冷えます。

ということで、こんな物を仕込みました。

水槽用のヒーターです。
昨年は電気毛布を巻いていましたが、
これはどうかなと、試してみようと思います。

藍の発酵建ては、とにかく試行錯誤。

発酵菌を相手にするのでいつも状況が変わります、、、
今回はうまくいくかどうか???
そんな感じで、いつもハラハラしますが、
(かなり原価の高い染料なので、失敗しませんように。)

うまく建ちましたら、染め体験も受付したいと思います。


関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。